私が乗り物好きになるまでの話 1

※これから話すことは、感覚過敏を持つ私自身の経験上のことであり、日記などに記録していたわけでは無いので、なんか変? 意味不明だ! という文章が出てくる可能性がありますが、ご容赦くださいませ。


第一話 「人と電車が苦手だった私」

 私は、ストレスが強くなるにつれて感覚過敏が酷くなるタイプなのです。

 そして、鉄道関係全般が好きです。でもすごく苦手だったという経験も忘れられません。

___小さい頃の私は、知らない人が近づくと、警戒したり、逃げたり、隠れたりなどするタイプでした。家族でもずっと一緒にいると疲れるタイプでした。

 そんな小さい頃の私が電車に乗るときは、家族でお出かけするときぐらいで、 毎回毎回、電車の座席に座るときは、一番端っこか家族に挟まれた席しか座りたくなかったのです。

 人に挟まれた席しかないときは、座っていても緊張してしまって大変でした。

 小さいときは、感覚過敏も発達障害も知らなかったので、自分が電車に乗るのが苦手なのは気のせいで、電車に慣れれば治ると思っていました。

 でも結局、小さいときは電車に乗ることに対して、慣れることはありませんでした。


※第二話へ続く……

2+
シェアに協力する!

もちむぎ

はじめまして、もちむぎと申します。 普段はDIYやハンドメイドが好きな人間ですが、感覚過敏やHSPで疲れやすい日々を送っております(*'ω'*) でも最近は平和なので、社会復帰を目指して学校みたいな所に通っております。 人といると疲れやすいけど、皆とワイワイ騒ぐのも好きなので、一人の時間の確保の仕方を色々試行錯誤しています。 時々コラム書いていますので、良かったら感想お聞きしたいです。 よろしくお願いします。

1件の返信

  1. いの より:

    読んでいて、自分と重なる部分がありました。連載楽しみにしています。ご無理なさらない範囲でガンバッテください📝

    0

コメントを残す